コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デカン溶岩台地 デカンようがんだいち Deccan Trap

1件 の用語解説(デカン溶岩台地の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デカンようがんだいち【デカン溶岩台地 Deccan Trap】

デカン高原の北西部を占める世界最大の溶岩台地。約6500万年前,インド亜大陸(現在のインド半島)が南半球から北へ移動中に,大量の玄武岩質溶岩が多数の噴出口からくりかえし噴出して生じた。現在はその西半分が失われ,アラビア海沿岸は1000mの崖となり,数多くの平たんな溶岩流層の断面が露出している。全体積は70万km3以上,広さ50万km2を覆い,東西1500km,南北1400km。1枚の溶岩流が200km以上にわたって追跡される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デカン溶岩台地の関連キーワードアラビア海夷隅イラン高原スペリオル湖デカン高原溶岩台地喜多方地歩を占めるカサデカンポ青海チベット(青蔵)高原

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone