コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デケバルス デケバルスDecebalus

1件 の用語解説(デケバルスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デケバルス
Decebalus

[生]?
[没]106
古代ローマ時代のダキア人の王 (在位 85~106) 。デケバルとも呼ばれる。諸部族を統合して強盛になり,85年モエシアローマ総督を倒し,86/7年コルネリウス・フスクス麾下のローマ軍を撃破。 88年タパエの戦いで敗れたが,幸運にもゲルマン族の侵入によってローマの追撃を免れ,和議を結んだ。 101年トラヤヌス帝の攻撃で首都を奪われて休戦。 105年再度ローマ占領軍を攻撃し,モエシアに侵入したが,トラヤヌス帝に敗れ,自害した。この結果ダキアはローマ属州となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のデケバルスの言及

【ダキア】より

…ゲタエ族,ダキア族が諸部族に分かれて住み,農耕を営んでいたが,トラキアがローマの支配下にはいると,前60年ころ首長ブレビスタBurebistaが諸部族を統合する国家をつくった。ローマ軍の侵略に,王デケバルスDecebalusは頑強な抵抗ののち敗れ,106年ダキアはローマの属州となった。トラヤヌス帝はローマ市に戦勝記念柱を建て,戦争の状況を浮彫にきざんだ。…

【ローマ】より

… アントニヌス朝時代を通じ,トラヤヌス治下を除いては領土の拡大はほとんどなかった。彼は2回のダキア戦争(101‐102,105‐106)によってデケバルス王を破りダキアを属州に加えた。東部では彼はアラビア(ナバテア)を加え,ペルシアからアルメニア,メソポタミア,アッシリアの諸州を奪って国境をユーフラテス川の東にまで広げたが,次のハドリアヌスは征服政策を捨てユーフラテス川の線にまで後退した。…

※「デケバルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

デケバルスの関連キーワードシーボーギウム送達佩文韻府豊作衛星航法人工授精佩文韻府アパルトヘイト犯罪条約ひかりの輪(改正)建築基準法

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone