コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デケバルス デケバルス Decebalus

1件 の用語解説(デケバルスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デケバルス
デケバルス
Decebalus

[生]?
[没]106
古代ローマ時代のダキア人の王 (在位 85~106) 。デケバルとも呼ばれる。諸部族を統合して強盛になり,85年モエシアのローマ総督を倒し,86/7年コルネリウス・フスクス麾下のローマ軍を撃破。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のデケバルスの言及

【ダキア】より

…ゲタエ族,ダキア族が諸部族に分かれて住み,農耕を営んでいたが,トラキアがローマの支配下にはいると,前60年ころ首長ブレビスタBurebistaが諸部族を統合する国家をつくった。ローマ軍の侵略に,王デケバルスDecebalusは頑強な抵抗ののち敗れ,106年ダキアはローマの属州となった。トラヤヌス帝はローマ市に戦勝記念柱を建て,戦争の状況を浮彫にきざんだ。…

【ローマ】より

… アントニヌス朝時代を通じ,トラヤヌス治下を除いては領土の拡大はほとんどなかった。彼は2回のダキア戦争(101‐102,105‐106)によってデケバルス王を破りダキアを属州に加えた。東部では彼はアラビア(ナバテア)を加え,ペルシアからアルメニア,メソポタミア,アッシリアの諸州を奪って国境をユーフラテス川の東にまで広げたが,次のハドリアヌスは征服政策を捨てユーフラテス川の線にまで後退した。…

※「デケバルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デケバルスの関連キーワードリーマン幾何学ローマの七丘ローマ風呂ゲイレ古代ローマ帝国古代ローマの航跡をたどれニームの闘技場古代ローマ人の格言Diaz de la Peña,N.クリア(古代ローマ)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone