コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強盛 キョウセイ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐せい〔キヤウ‐〕【強盛】

[名・形動]勢いが強くて盛んなこと。また、そのさま。
「土地は痩せ人口は少く、―な国家は作れません」〈阿部知二・冬の宿〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうせい【強盛】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
勢いが強く盛んな・こと(さま)。 「国力の-なるは/明六雑誌 3

ごうじょう【強盛】

( 名 ・形動ナリ )
強く盛んである・こと(さま)。 「欲心-の八庄司共/太平記 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

強盛の関連キーワード西・南アジア史(年表)古代オリエント文明サイフ・アッダウラキプチャク大草原大セルビア主義ファーティマ朝サッファール朝アマルフィ海岸国分寺(寺)北アジア史青銅器時代デケバルス烏丸・烏桓強情・剛情朝彦親王ピクト人頡利可汗大内義弘先軍思想強盛大国

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android