コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デゲネリア Degeneria vitiensis I.W.Bailey et A.C.Smith

1件 の用語解説(デゲネリアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デゲネリア【Degeneria vitiensis I.W.Bailey et A.C.Smith】

南太平洋のフィジー諸島にのみ分布する,1属1種のデゲネリア科の植物(イラスト)。常緑高木で30mに達する。多数の花弁・おしべがあり,その内側に花弁そっくりの仮雄蕊(かゆうずい)があり,おのおのらせん配列している。被子植物のおしべは一般に細長い花糸の先に葯がつくが,デゲネリアでは花弁状の平らな花糸に葯が埋もれており,このおしべの形態はきわめて原始的と考えられている。心皮はシキミモドキ科によく似ているが,1個しかない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デゲネリアの関連キーワードスバタスマンフィジーフィリピン海メラネシア南太平洋入江鰐象亀ワリスフテュナ諸島パシフィカフェスティバル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone