コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デゲネリア Degeneria vitiensis I.W.Bailey et A.C.Smith

世界大百科事典 第2版の解説

デゲネリア【Degeneria vitiensis I.W.Bailey et A.C.Smith】

南太平洋のフィジー諸島にのみ分布する,1属1種のデゲネリア科の植物(イラスト)。常緑高木で30mに達する。多数の花弁・おしべがあり,その内側に花弁そっくりの仮雄蕊(かゆうずい)があり,おのおのらせん配列している。被子植物のおしべは一般に細長い花糸の先に葯がつくが,デゲネリアでは花弁状の平らな花糸に葯が埋もれており,このおしべの形態はきわめて原始的と考えられている。心皮はシキミモドキ科によく似ているが,1個しかない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デゲネリアの関連キーワード双子葉植物雄しべ雌しべ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android