植(え)田(読み)ウエタ

デジタル大辞泉の解説

うえ‐た〔うゑ‐〕【植(え)田】

稲の苗を植える田。また、田植えを済ませた田。 夏》「我ものに―の蛙啼(な)きつのる/暁台

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

植田
うえだ

福島県南東部、いわき市の一地区。旧植田町。中世の菊田荘(きくたのしょう)の中心で、五里八幡(はちまん)の一つと伝えられる植田八幡宮がある。陸前(りくぜん)浜街道の宿駅として発達し、鮫川(さめがわ)河口に近い左岸に位置する交通の要地。かつては鮫川村と称した。いわき市南部の一中心地で、JR常磐(じょうばん)線植田駅があり、国道6号(いわきサンシャインロード)が通じる。鮫川河口付近には常磐共同火力の発電所があり、東京、東北両電力に電力を販売している。[原田 榮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android