デジタル課税(読み)でじたるかぜい

知恵蔵mini「デジタル課税」の解説

デジタル課税

GAFAグーグルアップルフェイスブックアマゾン)などの国際的な大手IT企業に課税する各国政策。工場や事務所などに拠点を置く企業が現地で課される法人税を納めているのに対し、これらのIT企業は税率の低い国や地域に利益を移すことで納税額を減らしていることが疑われており、新しい課税制度の導入が検討されている。EUは加盟国共通のルールを創設するため、売上高の3%に課税するなどを検討しているが、低税率を武器に企業を誘致してきたデンマークアイルランドなどが反対したことで、当初目標としていた2018年末までの合意は断念した。EUに先立ち、フランスは19年1月から、イギリスは20年4月から独自に課税を導入することを表明した。

(2018-12-19)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android