めた(読み)メタ

デジタル大辞泉の解説

めた

[副]度を越えてはなはだしいさま。むやみに。やたらに。
「今年は、―水に祟る歳だのう」〈藤村・旧主人〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めた

( 副 )
程度がはなはだしいさま。めたと。やたらに。むやみに。 「父さんが-甘やかすもんだから/破戒 藤村

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めた

[1] 〘形動〙 むやみやたらであるさま。
※俳諧・独吟一日千句(1675)第二「仕舞風呂入月まねく何か扨 其おも影はめたなかた様」
[2] 〘副〙 =めたと
※旧主人(1902)〈島崎藤村〉五「今年はめた水に祟る歳だなう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

めたの関連情報