コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デバイ温度 Debye temperature

法則の辞典の解説

デバイ温度【Debye temperature】

デバイの比熱式*の計算に用いられる Θckボルツマン定数*hプランク定数*,ν をデバイ振動数としたとき kΘchν で定義される.「デバイの特性温度」ともいう.なお,デバイ‐ウォラー因子*の中に含まれる ΘD も同じくデバイ温度 Y と呼ばれるが,別の値である.デバイ関数*を参照.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

世界大百科事典内のデバイ温度の言及

【デバイの比熱式】より

…このようにして求められた定積モル比熱は, Cv=3RfDD/T)と書かれる。Rは気体定数,Tは絶対温度,ΘDは上の打切りに対応するエネルギーでデバイ温度と呼ばれ,数百Kの程度である。また,fDはデバイ関数と呼ばれ,である。…

※「デバイ温度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デバイ温度の関連キーワードリンデマンの融解公式デバイのT3法則メスバウアー効果デバイの比熱式デバイ関数固体

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android