デフォルトゲートウェイ(読み)でふぉるとげーとうぇい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

デフォルトゲートウェイ

ルーティングを行なう際、デフォルトルートの転送先となるルーター。ルーターはルーティングテーブルの情報をもとにパケットを転送するが、インターネット上のすべての経路が登録されているわけではない。しかし、それでは他のネットワークへパケットが転送できない。そこで、自分の知らない宛先のパケットはデフォルトゲートウェイに処理を任せる。デフォルトゲートウェイが宛先を知っていれば適切なルーティングを行ない、知らなければそのルーターに登録されたデフォルトゲートウェイにパケットを転送する。こうした動作を繰り返すことで、最終的な宛先ルーターまでパケットを届けられる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android