デュシェンヌ(英語表記)Guillaume Benjamin Amand Duchenne

デジタル大辞泉の解説

デュシェンヌ(Guillaume Benjamin Amand Duchenne)

[1806~1875]フランスの医師・神経学者。電気刺激による神経疾患の診断・治療、表情の研究などに取り組み、電気生理学の発展に貢献した。1861~1868年に筋ジストロフィーの症例を詳しく報告。このとき初めて筋生検を行った。デュシェンヌ=ド=ブーローニュ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デュシェンヌの関連情報