コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュシェンヌ Guillaume Benjamin Amand Duchenne

デジタル大辞泉の解説

デュシェンヌ(Guillaume Benjamin Amand Duchenne)

[1806~1875]フランスの医師・神経学者。電気刺激による神経疾患の診断・治療、表情の研究などに取り組み、電気生理学の発展に貢献した。1861~1868年に筋ジストロフィーの症例を詳しく報告。このとき初めて筋生検を行った。デュシェンヌ=ド=ブーローニュ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デュシェンヌの関連キーワードデュシェンヌ型筋ジストロフィー福山型先天性筋ジストロフィーベッカー型筋ジストロフィーデュシェンヌドブーローニュ進行性筋ジストロフィー症進行性筋ジストロフィーエクソンスキップ療法ジストロフィン単一遺伝子疾患X連鎖劣性遺伝遺伝のしくみ9月17日運動失調症着床前診断DMDPGD

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デュシェンヌの関連情報