コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村雀右衛門 ナカムラジャクエモン

デジタル大辞泉の解説

なかむら‐じゃくえもん〔‐ジヤクヱモン〕【中村雀右衛門】

[1920~2012]歌舞伎俳優。4世。屋号京屋。東京の生まれ。本名、青木清治(きよはる)。女形として活躍し、古典の復活にも尽力した。平成16年(2004)文化勲章受章。人間国宝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

中村雀右衛門【なかむらじゃくえもん】

歌舞伎俳優。現在4世。元来上方(かみがた)の家系で,初世,2世は敵(かたき)役だった。2世以降屋号京屋。3世〔1875-1927〕は2世の養子女方を専門とし,もっぱら関西で活躍,若さと艶(つや)を兼ね備えた芸風で,姫役,娘役を得意とした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかむらじゃくえもん【中村雀右衛門】

歌舞伎俳優。4世まである。(1)初世(1806‐71∥文化3‐明治4) 大坂の生れ。4世中村歌右衛門の弟子中村儀左衛門が,1851年(嘉永4)11月中の芝居で雀右衛門を名のる。敵役を中心に,66年(慶応2)には実悪の大上上吉まで進んだ。実悪と親仁方を得意とし,《妹背山》の大判事,《矢口渡》の頓兵衛などが当り役。(2)2世(1841‐95∥天保12‐明治28) 本名中島保兵衛。初世の弟子で,芝之助,芝雀を経て1875年3月雀右衛門を襲名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村雀右衛門
なかむらじゃくえもん

歌舞伎(かぶき)俳優。屋号は代々京屋(きょうや)

初世

(1806―1871)幕末の上方(かみがた)で活躍した敵(かたき)役・親仁(おやじ)方の名優。芸達者で、『妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)』の大判事、『仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)』の本蔵などが当り役。[服部幸雄]

2世

(1841―1895)大阪の人。初世の門弟2世中村芝雀(しばじゃく)が1875年(明治8)に2世を継いだ。立役(たちやく)、敵役、女方(おんながた)を兼ね、上方歌舞伎界の重鎮と仰がれた。[服部幸雄]

3世

(1875―1927)大阪生まれ。嵐璃笑(あらしりしょう)の子で、2世の養子。4世芝雀となったのち1917年(大正6)に3世を襲名。美貌(びぼう)で、近代の典型的女方と称されて人気があった。時代物の「赤姫」や娘役を得意にした。大阪中座に出演中急死。[服部幸雄]

4世

(1920―2012)本名青木清治(きよはる)。6世大谷友右衛門(ともえもん)の長男。初名大谷広太郎。1948年(昭和23)に7世大谷友右衛門を襲名したのち、1964年9月、4世を襲名した。近代感覚の女方として活躍した。1991年(平成3)重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受け、1992年芸術院会員、2001年文化功労者となる。2004年文化勲章受章。長男が8世大谷友右衛門(1949― )、次男が7世中村芝雀(1955― )である。[服部幸雄]
『岩田アキラ写真『すずめ百まで・雀右衛門写真集』(1987・京都書院) ▽4世中村雀右衛門著『女形無限』(1998・白水社) ▽渡辺保著『名女形・雀右衛門』(2006・新潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中村雀右衛門の関連キーワード中村 雀右衛門(3代目)中村 雀右衛門(2代目)坂東 寿三郎(2代目)中村 芝雀(5代目)[各個指定]芸能部門嵐 吉三郎(6代目)中村雀右衛門(3世)大谷友右衛門(8代)中村雀右衛門(2代)中村雀右衛門(2世)中村雀右衛門(4代)嵐 吉三郎(5代目)大谷友右衛門(7代)中村雀右衛門(3代)阪東寿三郎(2代)年増(歌舞伎舞踊)坂東寿太郎(3代)歌舞伎俳優の屋号中村芝雀(3代)嵐吉三郎(6代)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中村雀右衛門の関連情報