コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュナーミク dynamics; Dynamik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュナーミク
dynamics; Dynamik

音楽用語。強弱法のこと。音楽演奏での強弱の程度,またはそれを楽譜において示す pfの記号。デュナーミクの指示は 16世紀末頃に現れ,その後強弱の対照を出すためにエコー的な強弱法が広く用いられた。 18世紀中頃,マンハイム楽派においてクレッシェンドなど徐々に強弱をつける効果が好まれ,19世紀に入ると,デュナーミクの記号が作曲者の意図をより正確に示すための重要な表現手段の一つとして,一層多く用いられるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デュナーミクの関連キーワード民族音楽学アゴーギクメリハリグールド曲節

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android