コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュ・ベール デュ・ベールDu Vair, Guillaume

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュ・ベール
Du Vair, Guillaume

[生]1556.3.7. パリ
[没]1621.8.31. トナーンス
フランスの哲学者,政治家。パリ高等法院の高官となり,政治的混乱期に平和を求めて尽力,アンリ4世の登位を推進。 1599年エクス高等法院長,1617年リジュー司教。哲学者としてストア哲学の再興,普及に力があったほか,文芸評論の面でも F.マレルブらに影響を与えた。主著『ストア派道徳哲学』 La Philosophie morale des Stoïques (1603頃) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デュ・ベールの関連キーワードアクバルカール[5世]窪田統泰カール西インド会社フェリペ[3世]フェリペ[4世]グェルチーノ国際協力機構JICA