コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラッスス Lassus, Orlandus; Lasso, Orlando di

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラッスス
Lassus, Orlandus; Lasso, Orlando di

[生]1530/1532頃.モンス
[没]1594.6.14. ミュンヘン
フランドルの作曲家。モンスの聖ニコラス大聖堂の児童合唱隊員として活躍。 1555~56年アントウェルペン滞在中,最初の曲集を出版。 56年バイエルンのアルブレヒト5世に招かれミュンヘンの宮廷礼拝堂楽長となり生涯この職にあった。 2000曲をこえるミサ曲モテトマニフィカトなどの宗教作品や,マドリガルシャンソンなどの世俗曲を残した。 G.パレストリーナと並び,16世紀後半の最も偉大な作曲家。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ラッスス

フランドル楽派の作曲家。ラテン語綴(つづ)りOrlandus Lassusのほかに,イタリア語化されたラッソOrlando di Lasso,フランス語化されたラッシュOrlande de Lassusなどの綴りも用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラッスス【Orlandus Lassus】

1532‐94
フランドル楽派の16世紀後半の最も多作な,最も重要な作曲家。イタリア風のラッソOrlando di Lassoとしても知られ,フランス風の綴りOrlande de Lassusも用いられる。生地モンス時代の資料はほとんど残っておらず,12歳のときにゴンザーガ家のフェランテに楽才を認められ,イタリアへ赴いたのが最初の記録である。マントバやミラノで音楽の研鑽を積み,早くも1553年にはローマのサン・ジョバンニ・イン・ラテラノ教会の楽長に就任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラッスス
らっすす
Orlandus Lassus
(1532―1594)

フランドルの作曲家。フランス語でオルランド・ド・ラッシュOrlande de Lassus、イタリア語でオルランド・ディ・ラッソOrlando di Lassoとよばれることも多い。フランドルのモンスに生まれ、早くからイタリアに出てナポリ、ローマなどで活躍、一度フランドルに戻ったあと、1556年からミュンヘンのバイエルン公の宮廷音楽家となり、63年には楽長に就任して、死ぬまでミュンヘンの宮廷で活躍した。ラッススは後期フランドル楽派最大の作曲家で、パレストリーナとともに後期ルネサンスを代表する巨匠である。作品の総数は2000曲を超え、ミサ曲、モテトゥス、マニフィカトなど多くの種類からなる宗教曲の分野では、ルネサンスの伝統的な様式によりながら、劇的な感情表現を示している曲も多くみられる。また多声世俗歌曲の分野では、マドリガーレをはじめとするイタリア語世俗歌曲、フランス語によるシャンソン、ドイツ語による多声リートなど、多彩な創作活動を行った。[今谷和徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のラッススの言及

【フランドル楽派】より

…この時期の作曲家としては,ベネチア楽派の創始者ウィラールトAdrian Willaert(1490ころ‐1562),ゴンベールNicolas Gombert(1500ころ‐56ころ),マドリガルの大家チプリアーノ・デ・ロレCipriano de Rore(1516ころ‐65)やアルカデルト,シャンソンの大家ジャヌカンらをあげることができる。16世紀後半の第4期は,ラッススに代表される。彼は,当時のあらゆる音楽様式ならびに形式を身につけており,それらを融合させた独自の音楽を作り上げた。…

【モテット】より

… これに対して,およそ1450年以降のルネサンス様式のモテットは,再び宗教的な性格に復帰するとともに,古典的な合唱ポリフォニーの技法の完成に伴って模倣法とホモフォニックな書法を適度に交替させ,表情豊かな美しい響きで,今日まで愛唱される多数の名曲を生み出した。ジョスカン・デ・プレ,パレストリーナ,ラッススらがその代表者であり,とくにラッススは一人で1200曲もの作品を残している。他方,北イタリアのベネチアでは,G.ガブリエリを代表者とする複合唱様式のモテットが起こり,その影響はドイツにも及んだ(プレトリウスMichael Praetorius(1571‐1621)ら)。…

※「ラッスス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラッススの関連キーワードドミチウス・アヘノバルブスM.スパルタクスの反乱ルネサンス音楽アルブレヒトポンペイウスフランス音楽スパルタクスマタイ受難曲オロデス2世アイヒンガークラッススコルネリアエッカルトカティリナカエピオドルスススーレンカエサル弁論家論

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android