コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フマーユーン フマーユーン Humāyūn Nāsir al-Dīn Muhammad

4件 の用語解説(フマーユーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フマーユーン
フマーユーン
Humāyūn Nāsir al-Dīn Muhammad

[生]1508.3.6. カーブル
[没]1556.1. デリー
インドムガル帝国第2代の皇帝 (在位 1530~56) 。初代皇帝バーブルの跡を継いで帝位についたが,アフガン系のシェール・シャーと戦って敗れ,イランに逃れてサファビー朝の庇護を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フマーユーン(Muhammad Humāyūn)

[1508~1556]インド、ムガル帝国第2代皇帝。在位1530~1556。アクバル大帝の父。外征に失敗し、追われてペルシアに亡命。ペルシアの援軍を得て領土を奪回し、ムガル帝国を再興した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フマーユーン【Humāyūn】

1508‐56
ムガル帝国第2代皇帝。在位1530‐40,1555‐56年。帝国の創始者である父王バーブルの死後皇帝位に就き,1535年マールワグジャラートを征服したが,ラージプートとの連合には失敗し,すぐに両地方とも失った。ビハールベンガル地方で勢力を拡大しスール朝を建てたアフガン系のシェール・シャーと戦い,39年,ベンガルのチャウサで大敗した。翌年カナウジ近くでの戦いにも敗れ,フマーユーンはデリーを追われ,シンド,マールワール地方を点々とし,ムガル帝国は一時中絶した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フマーユーン
ふまーゆーん
Humyn
(1508―1556)

インドのムガル帝国第2代の皇帝(在位1530~40、1555~56)。父帝バーブルの嫡子。ペルシア文化を好み優雅で教養ある人物であったが、彼の弟たちを擁してしばしば独立を企てる貴族(武将)たちを統率する力に欠けた。そのため自ら征服したグジャラートやベンガルを失い、チャウサ(1539)とカナウジ(1540)の戦いでアフガン豪族シェール・シャー(スール朝の創始者)に続けて大敗し(1540)、西北インドを流亡したのち、ペルシアに逃れた。ここに約15年間ムガル朝は中絶した。アフガニスタンの支配をめぐる弟カームラーンとの戦いに勝利し、貴族たちを統率する力を身につけた彼は、1555年、シェール・シャー死後のスール朝の内紛に乗じてデリーを奪回したが、翌年事故により急死した。[長島 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフマーユーンの言及

【デリー】より

…同朝のフィーローザーバード(1354建)はオールド・デリー南東郊に一挙に北上した。続いてスール朝のシェール・シャーにより1541年建設され,ムガル朝第2代皇帝フマーユーンにより改修されたのがプラーナー・キラーで,フマーユーンはここで死去し,その南方にあるフマーユーン廟に葬られた。 彼以後ムガル朝の首都はデリーを離れたが,第5代皇帝シャー・ジャハーンはアーグラからデリーに首都を移し,シャージャハーナーバードを建設した。…

【ムガル帝国】より

…バーブルはティムールの血を継ぐものではあるが,初期のムガル支配層には中央アジア出身のトルコ系が多く,民族的にモンゴル系とはっきりわかる者は非常に少数であったと思われる。 バーブルはローディー朝軍をパーニーパットの戦で破って帝国を創始したものの,まもなく死に,子のフマーユーン(在位1530‐40,55‐56)が跡を継いだ。フマーユーンも即位してほどなくアフガン系のスール朝のシェール・シャー(在位1538‐45)と戦って敗れインドを追われた。…

※「フマーユーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フマーユーンの関連キーワードジャハーンギールムガル帝国窩闊台シャージャハーン蒙哥汗忽必烈ムガール帝国オゴタイ・ハーンシャー・ジャハーンバハードゥル・シャー[2世]

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone