コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デューア瓶 デューアびんDewar vessel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デューア瓶
デューアびん
Dewar vessel

ジャーの名で家庭でも用いられる熱湯や冷水の保温容器。低温物理学の研究のために液化気体の保温貯蔵容器として改良した J.デューアの名にちなむ (ジャーはデューアのなまり) 。ガラス容器の器壁を2重にし,2重壁の内面を銀メッキし,壁内の空気を抜いて密封した瓶。金属製もある。空気を抜くのは対流による伝熱,また銀メッキするのは放射による伝熱を防ぐためである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デューア瓶の関連キーワード水熱量計

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android