デルマドローム(英語表記)dermadrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デルマドローム
dermadrome

ある全身疾患,または内臓病変とともに経過する皮膚の変化をいう。 dermaは皮膚を,dromは経過とともにを意味する。すでにギリシア時代,ヒポクラテスは,慢性の肺疾患患者の爪が変化すること (ヒポクラテスの爪) を記述しているが,クッシング症候群,アジソン病,ビタミン欠乏症などでは特徴的な皮膚の変化が現れる。また皮膚のかゆみは,糖尿病のほか,痛風,慢性肝障害,慢性腎不全,癌などでも起こることがある。この場合,皮膚のかゆみをきっかけとして,他の症状を参考にして,疾病を探ることになる。また,病気の治療効果を判定する手段としてもデルマドロームは重要である。たとえば麻疹 (ましん) ,猩紅 (しょうこう) 熱などの発疹を伴う感染症では発疹 (皮膚症状) の自然経過を理解していれば,疾患全体の経過も把握できる。いわば内科的な皮膚科学ともいえるもので,臨床検査法の発展とともにデルマドロームの研究はますます盛んになっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android