コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・ラダ De Rada Jeronim (Girolamo)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デ・ラダ
De Rada Jeronim (Girolamo)

[生]1814.11.29. イタリア,マッキア・アルバネーゼ
[没]1903.2.28. イタリア,マッキア・アルバネーゼ
アルバニアの詩人。南イタリアに移住したアルバニア人集落の,司祭の家に生れた。ナポリで法律を学び,アルバニア人学校の教師となる。アルバニア,イタリア両言語による雑誌『アルバニアの旗』 Fjamuri i Arbërit (1883~87) を発行し,アルバニア文学の発展に尽力。代表作,叙事詩『ミロサオの歌』 Këngët e Milosaos (36) ,『不幸なスカンデルベウ』 Skënderbeu i pafat (76~84) 。 (→アルバニア文学 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のデ・ラダの言及

【アルバニア】より

… 15世紀後半から16世紀にかけて,オスマン・トルコによる支配から逃れて多くのアルバニア人が南イタリアとシチリアに移住したが,これらいわゆるアルバレシュ人の間に独自の文学伝統が生まれて,現在にいたっている。19世紀の詩人デ・ラダJeronim de Rada(1814‐1903),ダラGavril Dara(1826‐85),セレンベZef Serembe(1843‐1901)らの活動はその頂点をなすものであった。アルバニア本国ではイスラム教へ改宗するアルバニア人が増えるにつれて,17~18世紀にトルコ,ペルシア,アラブの文学の影響が強まり,アラビア文字でアルバニア語を表現する独特の詩文学が発達した。…

※「デ・ラダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デ・ラダの関連キーワードアルバニア

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android