コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デーオーガル Deogaṛḥ

1件 の用語解説(デーオーガルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デーオーガル【Deogaṛḥ】

インド北部,ウッタル・プラデーシュ州南部のラリトプルの南約30kmにある村で,俗に〈十化身堂〉と呼ばれる石積寺院があることで知られている。外壁の〈アナンタ竜の上に横臥するビシュヌ〉など3面の高浮彫は一説に6世紀初期とされ,力のみなぎった豊かな肉体や均整のとれた調和ある表現を特色とするグプタ時代ヒンドゥー教美術の代表作。東の山上には9~12世紀の30以上のジャイナ教寺院があり,多数の彫像が現存する。【肥塚 隆】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デーオーガルの関連キーワードカジュラーホカナウジカーンプルサールナートサーンチーシムラクシナガラ城ラクノウインドのチベット人インドと中国

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone