高浮(き)彫(り)(読み)タカウキボリ

精選版 日本国語大辞典の解説

たか‐うきぼり【高浮彫】

〘名〙 浮彫の一つ。彫刻部の肉が、平面の上に立体の彫刻のように高く浮き出たもので、多く建築装飾や仏像などに用いられる。高肉彫。
※ドン・キホーテ(1944)〈中村光夫〉二「あたかも優れた高浮彫の群像が壁面から今にも離れそうな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の高浮(き)彫(り)の言及

【浮彫】より

…厳密には,単なる刻線によるもの,たとえばタッシリ・ナジェールの岩壁刻線画とは区別され,またギリシアの神殿の破風彫刻やゴシック大聖堂の彫像のように,完全な丸彫彫刻を背景壁面に固定したものとも区別される。彫刻の浮出しの程度,換言すれば奥行き空間の圧縮度に応じて,高浮彫alto rilievo,半浮彫(中肉浮彫)mezzo rilievo,低浮彫(薄肉浮彫)basso rilievoに分類される。これらは,いずれも彫刻が背景面より突出するいわゆる〈陽刻〉に属するが,浮彫の特殊な例としては,逆に背景面より彫刻が沈む〈陰刻〉,あるいは〈沈み彫〉があり,円筒印章の場合などは完全な陰刻の例であり,古代エジプトで慣用された手法では,彫刻そのものは低浮彫の陽刻であるが,輪郭線の部分で彫り込まれて,ぜんたいが背景面より沈んでいる,いわゆる〈くり型浮彫〉がある。…

※「高浮(き)彫(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android