コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

データ伝送端末装置 データでんそうたんまつそうちremote terminal unit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

データ伝送端末装置
データでんそうたんまつそうち
remote terminal unit

データ通信の末端に設置される情報処理装置のこと。データ通信には,データの発生場所から,そのデータを処理する場所へのデータ移動,さらにはデータの利用個所へのデータ移送があるが,それぞれのデータの受信,発信に端末装置を必要とする。端末装置は入出力装置と端末制御装置とに分れるが,これらが物理的に分離されているものと,一体になっているものとがある。汎用データ通信システムでは,カードおよびテープの読取り機や,穿孔機ラインプリンタなどがある。また銀行のオンラインシステムの窓口装置や,問合せシステムの情報表示システムが有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android