デービッド ワーナー(英語表記)David Werner

現代外国人名録2016「デービッド ワーナー」の解説

デービッド ワーナー
David Werner

職業・肩書
生物学者 ヘルス・ライツ代表

国籍
米国

生年月日
1934年

専門
地域保健, 障害

経歴
1965年よりメキシコ西部の山村で地域保健活動に関わる。のち自由市場経済が開発途上国の民衆の健康に及ぼしている影響を調査・分析し、世界50ケ国以上の保健活動家の相談・指導に当たる。地域中心の保健および障害分野の第一人者。国際民衆保健協議会(IPHC)を設立し、カリフォルニア州パロ・アルトで国際保健NGOヘルス・ライツの代表を務める。著書に「Where There is No Doctor」「Helping Health Workers Learn」「Disabled Village Children」など、共著に「いのち・開発・NGO―子どもの健康が地域社会を変える」などがある。2009年、途上国の無医村などで40年以上活用されてきた保健医療の手引書「医者のいないところで」日本語版が出版された。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android