デーリー・クーラント(英語表記)The Daily Courant

世界大百科事典 第2版の解説

デーリー・クーラント【The Daily Courant】

イギリス最初の日刊新聞。1702年マレElizabeth Malletによって創刊されたが,創刊後数週にしてホイッグ系の印刷者バックリーSamuel Buckleyの手に移り,この時期の新聞としてはおどろくほど長命で35年まで続いた。1704年の一史料によると毎日約800部出ていた。創刊宣言で,〈ニュースを編者主観を入れず,客観的・多面的に提示し,判断は読者にゆだねる〉と述べていることで著名である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のデーリー・クーラントの言及

【イギリス】より

… 1695年,絶対王政型の事前検閲法規が消滅。1702年には日刊紙《デーリー・クーラント》が誕生,またアディソン,スティールの《スペクテーター》(1711刊)などの教養・娯楽紙も流行し,新聞は社会に定着する。31年にはケーブEdward Caveが《ジェントルマンズ・マガジン》を出し,総合雑誌の原型をつくった。…

※「デーリー・クーラント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android