コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥーバ人 トゥーバじんTuva

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥーバ人
トゥーバじん
Tuva

自称トイバ,トイバラール。古い文献にみえるソヨート族は旧称である。シベリア南部,バイカル湖西方にあるトゥーバ共和国の主要民族で,ロシア領内における人口約 20万。そのほか南に接するモンゴルにも居住する。トゥーバ語はチュルク諸語に属し,4方言が区別されているが,特に南東方言にはモンゴル語の影響が著しい。形質的にはモンゴロイドである。ラマ教とシャーマニズムを信奉していた。生業は農耕と牧畜,東トゥーバ (トジン族) ではトナカイ飼養と狩猟が営まれた。 1917年の革命以降ソ連時代を経て,遊牧生活から定着生活,集団農場化,工業開発など変貌が著しくみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トゥーバ人の関連キーワードトファラル族

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android