コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥールニュ Tournus

1件 の用語解説(トゥールニュの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トゥールニュ【Tournus】

フランス中東部,ソーヌ・エ・ロアール県の町。人口約6000。ソーヌ川右岸に位置。ウァレリアヌスの墓上に創設された修道院は,9世紀にノアールムーティエ島からフィリベルトゥスの聖遺物がもたらされて大いに繁栄。その名を冠するロマネスク様式の旧修道院教会サン・フィリベール(11世紀初め~12世紀初め)は,城塞風西構え,独創的横断穹窿の身廊,方形放射状祭室等を有し,その装飾を排したバラ色の石材による建築は,クリュニー派とは別個のブルゴーニュ地方の代表的傑作として名高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トゥールニュの関連キーワードオータンサンテティエンヌブルゴーニュブロアボーヌロシュトゥールサンラザール大聖堂ソーミュールソーリュー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone