コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウヨウコシオリエビ とうようこしおりえび

2件 の用語解説(トウヨウコシオリエビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウヨウコシオリエビ
トウヨウコシオリエビ

コシオリエビ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トウヨウコシオリエビ
とうようこしおりえび / 東洋腰折蝦
[学]Galathea orientalis

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目コシオリエビ科に属する海産動物。外形はエビ型であるが、分類学的には異尾類(ヤドカリ類)に属する。小形種で、体長1センチメートル内外。北海道南部から各地、香港(ホンコン)まで分布し、潮間帯から水深200メートルの間で記録されている。甲面には約10本の横溝があり、側端は小さな棘(とげ)となる。額角(がっかく)は三角形の板状で側縁に3歯ある。第1脚は長く、はさみをもつ。歩脚は3対。体は灰緑色から赤褐色まで変異が多く、正中線に沿って白い縞(しま)があることが多い。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトウヨウコシオリエビの言及

【コシオリエビ(腰折蝦)】より

…とらえようとすると後ずさりして逃げるが,この習性は近縁のカニダマシ類に似ている。日本産のコシオリエビ類は約55種で,もっとも多いのはトウヨウコシオリエビG.orientalisである。甲長5mmほどの小型種で,緑褐色から赤褐色まで色の変異が著しい。…

※「トウヨウコシオリエビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone