トウヨウコシオリエビ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トウヨウコシオリエビ
とうようこしおりえび / 東洋腰折蝦
[学]Galathea orientalis

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目コシオリエビ科に属する海産動物。外形はエビ型であるが、分類学的には異尾類(ヤドカリ類)に属する。小形種で、体長1センチメートル内外。北海道南部から各地、香港(ホンコン)まで分布し、潮間帯から水深200メートルの間で記録されている。甲面には約10本の横溝があり、側端は小さな棘(とげ)となる。額角(がっかく)は三角形の板状で側縁に3歯ある。第1脚は長く、はさみをもつ。歩脚は3対。体は灰緑色から赤褐色まで変異が多く、正中線に沿って白い縞(しま)があることが多い。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトウヨウコシオリエビの言及

【コシオリエビ(腰折蝦)】より

…とらえようとすると後ずさりして逃げるが,この習性は近縁のカニダマシ類に似ている。日本産のコシオリエビ類は約55種で,もっとも多いのはトウヨウコシオリエビG.orientalisである。甲長5mmほどの小型種で,緑褐色から赤褐色まで色の変異が著しい。…

※「トウヨウコシオリエビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android