コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異尾類 いびるいanomuran

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

異尾類
いびるい
anomuran

軟甲綱十脚目抱卵亜目異尾下目 Anomuraとしてまとめられる甲殻類の総称。広い意味でのヤドカリ類の分類学的な名称。長尾類エビ類)と短尾類カニ類)の中間に位置する動物群で,アナジャココシオリエビヤドカリスナホリガニの 4上科に分類され,さらに 20科に分けられる。体形はエビ形あるいはカニ形のものもみられるが,基本形は腹部が左右不相称のヤドカリ形である。一般にほかの動物にしがみついたり,石の下に隠れる習性(走触性)があり,これが最も特殊化したものが,巻貝類などを利用するようになった典型的なヤドカリ類である。陸生のものから深海産のものまであり,タラバガニの仲間など水産上の有用種も含まれる。孵化幼生はゾエアで,4~6回の脱皮ののち後期幼生のグラウコトエになり,さらに 1回脱皮して幼体となる。世界で約 2600種,そのうち日本産は 350種ほどである。(→十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

異尾類
いびるい

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目異尾亜目を構成する動物群の名称。世界で約2000種が知られている。長尾亜目(エビ類)と短尾亜目(カニ類)との中間的な形態で、いわゆるヤドカリ類が大部分を占める。別の分類体系によれば、十脚目は遊泳類(亜目)と歩行類(亜目)に分けられるが、その場合、異尾類は歩行型のエビ類(イセエビなど)とカニ類とともに後者に含まれる。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

異尾類の関連キーワードコシオリエビ(腰折蝦)トウヨウコシオリエビタラバガニ(鱈場蟹)イバラガニ(荆蟹)エビ(海老∥蝦)イソカニダマシハナサキガニクダヒゲガニカニ(蟹)スナモグリカニダマシヤシガニ甲類

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android