コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コシオリエビ コシオリエビsquat lobster

2件 の用語解説(コシオリエビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コシオリエビ
コシオリエビ
squat lobster

軟甲綱十脚目コシオリエビ科 Galatheidaeとしてまとめられる種類の総称。頭胸部,腹部とも背腹に扁平だが,基本的な体形はエビに似ており,腹部を強く折り曲げている。甲長 0.5~5cm。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コシオリエビ
こしおりえび / 腰折蝦
squat lobster

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目コシオリエビ科Galatheidaeのエビ類の総称。日本産は60種。分類学的には長尾類(エビ類)と短尾類(カニ類)の中間に位置し、異尾類(ヤドカリ類)に含まれるが、腹部を強く折り曲げているのでこの名があり、外形的にはエビ類に似る。基本となる属名Galatheaをそのままガラテアとよぶこともある。頭胸甲は背腹に扁平(へんぺい)で、横筋(よこすじ)や小さな棘(とげ)があることが多い。額角(がっかく)は一般に三角形あるいは棘状。長大なはさみ脚(あし)に続いて3対の歩脚(ほきゃく)、さらに鰓室(さいしつ)清掃用の小さな1対の脚がある。甲長5ミリメートルから大きいものでもせいぜい5センチメートルほどである。もっとも普通にみられるのは小形で色彩変異の著しいトウヨウコシオリエビG. orientalisである。日本近海の水深100~450メートルにすむオオコシオリエビCervimunida princepsはほとんど食用にされていないが、チリ沖のケルビムダ・ジョニC. johniは多量に漁獲されている。コシオリエビ類は後ずさりして逃げる習性がある。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コシオリエビの関連情報