コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トガリハシ Oxyruncus cristatus; sharpbill

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トガリハシ
Oxyruncus cristatus; sharpbill

スズメ目ハグロドリ科。1属 1種のトガリハシ科 Oxyruncidaeに分類されることもある。全長 17cm。頭上はうろこ模様で,通常は見えないが,後頭に橙黄色の短い冠羽(→羽冠)がある。背面は暗オリーブ緑色。顔と下面はクリーム色の地に,黒い虫くい模様や斑点が一面にある。はまっすぐで先が鋭くとがり,これが名前の由来となった。コスタリカからパラグアイまでの中央アメリカから南アメリカ熱帯域に,いくつかの地域に分断して分布する。森林の主として樹冠部にすみ,おもに果実食だが,種子,昆虫類なども食べる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のトガリハシの言及

【タイランチョウ】より

…中央・南アメリカの山地の熱帯林にすんでいるが,その生態はほとんどわかっていない。一名トガリハシ(尖嘴)ともいう。【森岡 弘之】。…

※「トガリハシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トガリハシの関連キーワードエイシチョウ鋭嘴鳥

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android