コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トグル機構 トグルきこうtoggle

翻訳|toggle

世界大百科事典 第2版の解説

トグルきこう【トグル機構 toggle】

倍力機構ともいう。リンク機構(リンク装置)の一種で,小さな操作力で大きな力を得るのに用いられる機構。同じ仕事量を与えた場合,仕事をする部分の速度が大きければ得られる力は小さくなるし,逆に速度が小さければ力は大である。したがって,トグル機構では,力を出す部分の動きは著しく小さくなるようになっているのがふつうで,各リンクの長さを適当に選ぶことにより実現できる。トグル機構の例を図に示したが,aは金属板などを手の力によって切断する機械などに使われ,操作力Pに比べQはこれよりかなり大きい力になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android