コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トグル機構 トグルきこう toggle

翻訳|toggle

1件 の用語解説(トグル機構の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トグルきこう【トグル機構 toggle】

倍力機構ともいう。リンク機構(リンク装置)の一種で,小さな操作力で大きな力を得るのに用いられる機構。同じ仕事量を与えた場合,仕事をする部分の速度が大きければ得られる力は小さくなるし,逆に速度が小さければ力は大である。したがって,トグル機構では,力を出す部分の動きは著しく小さくなるようになっているのがふつうで,各リンクの長さを適当に選ぶことにより実現できる。トグル機構の例を図に示したが,aは金属板などを手の力によって切断する機械などに使われ,操作力Pに比べQはこれよりかなり大きい力になる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トグル機構の関連キーワードスポーツドリンクドリンクドリンク剤インバウンドリンクリンク制度相互リンクWoooリンクビエラリンクレグザリンク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone