コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゲウナギ科 トゲウナギかMastacembelidae; spiny eels

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゲウナギ科
トゲウナギか
Mastacembelidae; spiny eels

魚類の分類,タウナギ目の一科。全長 20cm~1m内外。体はウナギ形で細長いが,ウナギと類縁関係がない。背中線上に 9~42本の遊離棘条をもつ。胸鰭はあるが腹鰭はない。鰓孔は小さく,下位。吻は肉質で長く,鼻孔は吻端近くから突き出ている鼻管に開く。アフリカから東南アジア朝鮮半島淡水および汽水域に分布する。マレー半島などでは食用とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トゲウナギ科の関連キーワード魚類

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android