コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トックリヤシ(徳利椰子) トックリヤシMascarena lagenicaulis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トックリヤシ(徳利椰子)
トックリヤシ
Mascarena lagenicaulis

ヤシ科の常緑小高木で,原産地インド洋のモーリシャス諸島。世界の熱帯で栽培され,日本では温室に栽培されるほか沖縄県などでは屋外にも栽植される。高さ 2mあまりの茎は下半部がとっくり状にふくらむのでこの名がある。このふくらんだ部分は径 40~50cmになり,表面には落葉痕が整然としたリング状に並ぶ。上端部には葉が集り,葉柄は赤みを帯びた緑色で鞘をつくる。葉身部は長さ1~1.5mで羽状に裂け,各裂片は長さ 40cmほど。花序は葉柄のつけ根のやや下から上向きに出て細かく分枝し,若い間は大きな包に包まれる。雌雄同株雌花は,長さ2~3cmの楕円形で紫黒色の実を結ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android