コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トップダウンアプローチ top-down approach

投資信託の用語集の解説

トップダウンアプローチ


投資信託のポートフォーリオを構築する際に、初めに経済環境、金利情勢などのマクロ経済の分析を行い、国別・資産別などの配分比率を決定してから、その後、組み入れ比率に従い、組み入れる個別銘柄を決定していく投資(運用)手法のこと。

出典|(社)投資信託協会投資信託の用語集について | 情報

トップダウンアプローチの関連キーワードポートフォリオ運用

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トップダウンアプローチの関連情報