コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トップダウンアプローチ top-down approach

投資信託の用語集の解説

トップダウンアプローチ


投資信託のポートフォーリオを構築する際に、初めに経済環境、金利情勢などのマクロ経済の分析を行い、国別・資産別などの配分比率を決定してから、その後、組み入れ比率に従い、組み入れる個別銘柄を決定していく投資(運用)手法のこと。

出典 (社)投資信託協会投資信託の用語集について 情報

トップダウンアプローチの関連キーワードポートフォリオ運用

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android