トニーニョ セレーゾ(英語表記)Toninho Cerezo

現代外国人名録2016の解説

トニーニョ セレーゾ
Toninho Cerezo

職業・肩書
サッカー指導者

国籍
ブラジル

生年月日
1955年4月21日

出生地
ミナスジェライス州ベロオリゾンテ

本名
セレーゾ,アントニオ・カルロス〈Cerezo,Antonio Carlos〉

経歴
1974年ミナスジェライス州のアトレチコ・ミネイロに入団、ボランチとして5度の同州選手権優勝に貢献。’83年イタリアに渡りセリエAのローマ、’86年サンプドリアで9年間プレー。’92年帰国してサンパウロFC入り。’92年、’93年トヨタ杯を連覇し、’93年はMVPを獲得。ブラジル代表としては、’77年3月対コロンビア戦でAマッチデビュー。’82年W杯スペイン大会ではジーコらとともに“黄金のカルテット”の一人として活躍。2度のW杯を含め、’86年の代表引退までに74試合出場6得点。’95年現役引退後は事業家として活動していたが、’99年アトレチコ・ミネイロ監督となり、同年ビトリア監督を経て、2000年2月Jリーグの鹿島アントラーズ監督に就任。同年度のナビスコ杯、J1リーグ、天皇杯で優勝し、Jリーグ発足後初の3冠を達成する。2001年2年連続でリーグ優勝とナビスコ杯に優勝。2005年シーズン終了後、勇退。在任中に5冠を獲得、小笠原満男、本山雅志ら日本代表を育てた。2006年ブラジルのグアラニ、2007年サウジアラビアのアル・ヒラル、2008年UAEのアル・シャバブ・ドバイ、2009年同アル・アイン、2012年ブラジルのヴィトーリアを指揮。2013年、8年ぶりに鹿島監督に復帰したが、同年リーグ5位、2014年3位、2015年第1ステージ8位と低迷し、2015年第2ステージ途中の7月解任。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トニーニョ セレーゾの関連情報