コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トバ[湖] トバ

百科事典マイペディアの解説

トバ[湖]【トバ】

インドネシア,スマトラ島北部バタク地方にあるカルデラ湖。バリサン山脈中にあって,面積1300km2。湖面標高910m。最深点は529mで世界第8位。アサハン川が東に流出,マラッカ海峡に注ぐ。
→関連項目メダン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トバ[湖]【Danau Toba】

インドネシア,スマトラ島北部のバリサン山脈中にある湖。インドネシア最大の湖で面積1260km2(琵琶湖の2倍弱)。典型的なカルデラ湖で,周辺にはシブアタン,ウールー・ダラット,シマヌクなど2000mをこえる火山がそびえる。湖面標高906m,最大深度529m。湖の中央にはサモシル島(長さ48km,幅16km)が細長く横たわる。トバ湖を中心とするバタク高原一帯はバタク族の居住地域で,かつて彼らはこの湖を神聖視し,外国人の接近を許さなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トバ[湖]の関連キーワードインドネシア

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android