コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビヘビ Chrysopelea ornata; flying snake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トビヘビ
Chrysopelea ornata; flying snake

トカゲ目ヘビ科。体長 1.3mぐらい。黒い地色に黄色っぽい斑点を散布し,背面中央に赤い十字紋が並ぶ。東南アジアに広く分布し,樹上で生活する。とぐろを解きほぐすばねの力でから枝へと跳躍するばかりでなく,体を硬くして腹面をくぼませ,木から木へ滑空する。上顎後方毒牙をもつ後牙類の毒ヘビであるが,毒性についてはあまり詳しく知られていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トビヘビ
とびへび
flying snake

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目ナミヘビ科トビヘビ属に含まれるヘビの総称。この属Chrysopeleaの仲間は弱い毒をもち、枝から飛び降りることで知られる。インド、スリランカ、インドシナ半島やフィリピンほかの東南アジア、中国南部に4種が分布する。全長1~1.4メートル、頭部は扁平(へんぺい)で細長く、胴も尾も細長い。体鱗には顕著な隆条があり、腹板の両側は角張る。樹上性で行動はきわめて敏捷(びんしょう)であり、枝から飛び降りるときは、肋骨(ろっこつ)を横に張り出し腹板をへこませて、空気の抵抗をつくる。そのため落下速度が鈍り滑空するようにみえるので、トビヘビとよばれる。このうち、ウスミドリトビヘビC. ornataとパラダイストビヘビC. paradisiはもっとも美しいヘビの一つとされる。[松井孝爾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トビヘビの関連情報