毒牙(読み)どくが(英語表記)poison fang

  • 毒牙 venom fang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

毒液を注入するための状ので,爬虫類のうち毒ヘビ類とドクトカゲ科のトカゲに特有。上顎骨に左右1対あり,それぞれ毒腺に連絡している。毒液通路が溝状で溝牙を形成するものと,溝縁が閉じて管状になり管牙になっているものとがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

毒蛇などの、毒液を出す牙(きば)。
邪悪なたくらみ。あくどい手段。毒手(どくしゅ)。「悪徳業者の毒牙にかかる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

有毒のヘビ・トカゲ類にみられる大型のとがった歯で,注射針のような管状のきばと,溝を備えたきばがある。いずれも獲物の体につきたてられたとき,その管や溝を通じて毒液が注入される。最も発達した毒牙はクサリヘビ科のヘビ類(クサリヘビ,マムシハブガラガラヘビなど)にみられる管牙である。注射針状のこの毒牙は左右の上顎(じようがく)骨に1対生えていて,毒腺からの管とつながっている。また,コブラ科,ウミヘビ科のヘビ類では上顎骨の前方に1対の溝を備えた毒牙(溝牙)が存在し,毒腺と管でつながっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

爬虫類(はちゅうるい)の毒ヘビやドクトカゲに特有な大きく鋭い歯で、これにより毒を敵の体内に注入する。毒ヘビでは上顎骨(じょうがくこつ)に左右1本ずつ毒牙があり、普段は口の中で後方に倒れているが、口を開くと自動的に立ち上がる。この牙(きば)は上端が毒腺(どくせん)と連絡していて、分泌された毒液はその前面を縦走する溝、または溝が閉じた管の中を流れて、先端から敵に注ぎ込まれる。溝のある牙は溝牙(こうが)(ウミヘビやコブラの毒牙)、管のある牙は管牙(かんが)(マムシやガラガラヘビの毒牙)とよばれる。また、ドクトカゲの牙は下顎にあり、前後両面に溝のある溝牙である。

[内堀雅行]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 毒液を分泌するきば。毒蛇などのきば。どくげ。
※琵琶伝(1896)〈泉鏡花〉三「犬の毒牙(ドクガ)にかかれるならずや」
② (転じて) 悪辣(あくらつ)な手段。毒手。
※こがね丸(1891)〈巖谷小波〉一六回「爾(なんぢ)が毒牙(ドクガ)にかかり、非業にも最期をとげたる月丸が遺児(わすれがたみ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の毒牙の言及

【きば(牙)】より

…一般に攻撃や防御の武器として用いられる。爬虫類では毒蛇の毒牙がよく知られる。これらの毒牙はほおの毒腺につながり,毒液を獲物や敵の体内に注入する注射器として働く。…

※「毒牙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android