コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毒牙 どくがpoison fang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

毒牙
どくが
poison fang

毒液を注入するための状の歯で,爬虫類のうち毒ヘビ類とドクトカゲ科のトカゲに特有。上顎骨に左右1対あり,それぞれ毒腺に連絡している。毒液の通路が溝状で溝牙を形成するものと,溝縁が閉じて管状になり管牙になっているものとがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

どく‐が【毒牙】

毒蛇などの、毒液を出す牙(きば)。
邪悪なたくらみ。あくどい手段。毒手(どくしゅ)。「悪徳業者の毒牙にかかる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

どくが【毒牙 venom fang】

有毒のヘビ・トカゲ類にみられる大型のとがった歯で,注射針のような管状のきばと,溝を備えたきばがある。いずれも獲物の体につきたてられたとき,その管や溝を通じて毒液が注入される。最も発達した毒牙はクサリヘビ科のヘビ類(クサリヘビ,マムシハブガラガラヘビなど)にみられる管牙である。注射針状のこの毒牙は左右の上顎(じようがく)骨に1対生えていて,毒腺からの管とつながっている。また,コブラ科,ウミヘビ科のヘビ類では上顎骨の前方に1対の溝を備えた毒牙(溝牙)が存在し,毒腺と管でつながっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

どくが【毒牙】

毒蛇などがもつ、かみついた時に毒液を出すきば。
悪だくみを含んだむごい手段。悪辣あくらつな企て。毒手。 「悪の-にかかる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毒牙
どくが

爬虫類(はちゅうるい)の毒ヘビやドクトカゲに特有な大きく鋭い歯で、これにより毒を敵の体内に注入する。毒ヘビでは上顎骨(じょうがくこつ)に左右1本ずつ毒牙があり、普段は口の中で後方に倒れているが、口を開くと自動的に立ち上がる。この牙(きば)は上端が毒腺(どくせん)と連絡していて、分泌された毒液はその前面を縦走する溝、または溝が閉じた管の中を流れて、先端から敵に注ぎ込まれる。溝のある牙は溝牙(こうが)(ウミヘビやコブラの毒牙)、管のある牙は管牙(かんが)(マムシやガラガラヘビの毒牙)とよばれる。また、ドクトカゲの牙は下顎にあり、前後両面に溝のある溝牙である。[内堀雅行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の毒牙の言及

【きば(牙)】より

…一般に攻撃や防御の武器として用いられる。爬虫類では毒蛇の毒牙がよく知られる。これらの毒牙はほおの毒腺につながり,毒液を獲物や敵の体内に注入する注射器として働く。…

※「毒牙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

毒牙の関連キーワード毒・独・獨・読・讀ブッシュマスターハナナガムチヘビガブーンバイパーアメリカマムシエメラルドボアセグロウミヘビドクハキコブラ毒ヘビ(毒蛇)波布・飯匙倩アマガサヘビまむし行司ヤマカガシパフアダーヒャッポダきば(牙)ドラキュラサンゴヘビミズヘビタイパン

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

毒牙の関連情報