トラックパッド(読み)トラック パッド

デジタル大辞泉 「トラックパッド」の意味・読み・例文・類語

トラックパッド(trackpad)

コンピューター入力装置ポインティングデバイスの一。静電式、または感圧式の平板状センサー表面を指でなぞることにより、ディスプレー上のマウスポインターを動かす。ノートパソコンに広く採用されている。タッチパッドスライドパッド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典 「トラックパッド」の解説

トラックパッド【trackpad】

コンピューターの入力装置、ポインティングデバイスひとつ。板状のセンサーを指先でなぞることにより、コンピューターの画面上で任意の位置を指定する。GUI操作環境において直感的な操作を可能とする。マウスと異なり広い操作スペースを必要としないため、ノートパソコンなどに搭載される。◇「タッチパッド」「スライドパッド」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典 「トラックパッド」の解説

トラックパッド

マウスの代わりに使われるポインティングデバイス。パッドと呼ばれる数センチ四方の板の上を指でなぞると、マウスポインターを動かせる。マウスに比べてスペースを必要としないので、主にノートパソコンに採用されている。タッチパッドともいう。板面を軽く叩くとクリック、2度叩くとダブルクリック、叩いた2度目の指を放さずに移動させるとドラッグになる。右端を縦方向になぞると、マウスのスクロールホイールと同じようにスクロールできる機種もある。Windows 7のマルチタッチに対応した機種では、2本指のジェスチャーズーム回転などの操作も可能。板に触れたときの静電気を関知する静電容量方式と、板にかかる指の圧力で動きを感知する感圧方式の2種類がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android