コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリニトロン とりにとろん

3件 の用語解説(トリニトロンの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

トリニトロン

ソニーが販売しているアパーチャグリル管アパーチャグリル方式を用いた陰極線管)の商標。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリニトロン
とりにとろん
Trinitron

1968年(昭和43)ソニー社が開発した、ブラウン管を用いたカラーテレビジョン用の受像管。1本の電子銃内に一体化してつくられた三つのカソードから発射される3本の電子ビームは、偏向電極間を通過したのち、さらにアパーチャーグリル(縦に狭いスリットをあけた金属板で、シャドーマスクの一種)を通り、蛍光体に当たる。三色の蛍光体はフェースプレート(前のガラスの面)の内側に細く縦縞(たてじま)状に塗布されており、三つの電子ビームがそれぞれの蛍光体に当たり、それぞれの色を発光させる。カラーテレビジョン用受像管では、3本の電子ビームをシャドーマスク上で1点にあわせないと画面に色ずれが生じて見にくくなる。この三色像の重ね合わせをコンバージェンスとよぶが、トリニトロンでは電子銃の配置から中央に置かれた緑用の電子ビームについて調整の必要がなく、左右にある赤、青のビームに対して、しかも水平方向だけ調整すればよいので、コンバージェンスが容易に行える。トリニトロンは、電子銃を3本使用する方式に比較して一体化されているため構造が簡単であるうえに、画面が明るく、しかも消費電力が少ない特長があった。また、他の受像管が球面状のフェースプレートをもっているのに対し、円筒状のフェースプレートになっているのが特色であった。トリニトロンは世界的に販売されていたが、1990年代以降の薄型テレビの普及に伴い需要が減少。2006年(平成18)日本国内の販売が終了し、2008年には全生産を終了した。[木村 敏・金木利之・吉川昭吉郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone