コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルノジョヨ Trunojoyo

世界大百科事典 第2版の解説

トルノジョヨ【Trunojoyo】

1649?‐80
インドネシア,マドゥラ島の王子で,マタラム・イスラム王国に対する反乱の指導者。父を1656年にマタラムの宮廷で殺され,自身も生命の危険を感じてマドゥラに逃れた経験があり,マタラム北東方の領主ラデン・カジョランと提携してマタラム王アマンクラット1世に対し75年に反乱を起こした。当時マカッサル(スラウェシ南西端の港市。現,ウジュン・パンダン)から移住してジャワ東岸で海賊を働いていたマカッサル人もこれに呼応し,反乱軍はたちまち東部ジャワ全域と中部ジャワの一部を征服し,トルノジョヨはクディリに都した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

トルノジョヨの関連キーワードウジュン・パンダンプリアンガン

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android