コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルバテヘイダリエ Torbat-e Heydarīyeh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トルバテヘイダリエ
Torbat-e Heydarīyeh

イラン北東部,ホラーサーン州の都市。州都マシュハドの南南西約 120km,標高 1320mに位置する。かつてはザーベー Zāvehといったが,この地で死んだ 13世紀の禁欲僧団の創始者クトゥプ・ウッディーン・ヘイダルの墓にちなんで名づけられた。ホラーサーン地方の交通の要衝。周辺は肥沃な農業地域で小麦,大麦を産する。大バザールがあり,主要商品は毛織物,絨毯,銅製品。人口7万 2068 (1986) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android