コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロアの和約 トロアのわやくTreaty of Troyes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロアの和約
トロアのわやく
Treaty of Troyes

百年戦争中,アザンクールの戦いの敗北後,フランスシャルル6世がイングランド=ブルゴーニュ連合勢力によって押しつけられた和平条約。 1420年5月 21日締結。フランス王位はイングランド王が兼ねること,国王の大権はただちにイングランド王が継受行使するが王の称号の取得はシャルル6世の死後まで延期されること,フランス王女とイングランド王ヘンリー5世の結婚などを定めた。フランスの皇太子シャルル (のちのシャルル7世) は王位継承権を奪われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

トロアの和約【トロアのわやく】

百年戦争中の1420年,中部フランスのトロアTroyesでアジャンクールの戦の後に英・仏が結んだ和約。大勝した英国王ヘンリー5世は,フランス国王シャルル6世とブルゴーニュ公フィリップに,自分がシャルル6世の娘カトリーヌと結婚してフランス王位継承権を得ることを約束させた。
→関連項目シャルル[7世]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

トロアの和約の関連キーワードフィリップ(2世)(ブルゴーニュ公)イザボー・ド・バビエールカサリン[バロア家]シャルル[7世]ヘンリー[5世]

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android