コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロアの和約 トロアのわやく Treaty of Troyes

2件 の用語解説(トロアの和約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロアの和約
トロアのわやく
Treaty of Troyes

百年戦争中,アザンクールの戦いの敗北後,フランスシャルル6世イングランドブルゴーニュ連合勢力によって押しつけられた和平条約。 1420年5月 21日締結。フランス王位はイングランド王が兼ねること,国王の大権はただちにイングランド王が継受行使するが王の称号の取得はシャルル6世の死後まで延期されること,フランス王女とイングランド王ヘンリー5世の結婚などを定めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トロアの和約【トロアのわやく】

百年戦争中の1420年,中部フランスのトロアTroyesでアジャンクールの戦の後に英・仏が結んだ和約。大勝した英国王ヘンリー5世は,フランス国王シャルル6世とブルゴーニュ公フィリップに,自分がシャルル6世の娘カトリーヌと結婚してフランス王位継承権を得ることを約束させた。
→関連項目シャルル[7世]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

トロアの和約の関連キーワードカンネーの戦い第2次百年戦争百年戦争コンクール塘沽オールコンクールサクレクール大聖堂コンクールFばら戦争アザンクールの戦

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone