コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロイカ体制 トロイカタイセイ

2件 の用語解説(トロイカ体制の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

トロイカ‐たいせい【トロイカ体制】

三人の実力者が組織を指導し運営する、集団指導の仕組み。トロイカ方式
[補説]旧ソ連で、スターリンの死後、マレンコフフルシチョフ、ヴォロシーロフら三人に権力を分散して国政を担当した集団指導体制の称から。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

トロイカ体制

トロイカはロシアの3頭立ての馬ぞり。民主党は2006年4月の代表選で小沢一郎氏が代表に就任、菅直人氏が代表代行、鳩山由紀夫氏が幹事長となり、この3氏による党運営がトロイカ体制呼ばれるようになった。

(2010-09-14 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトロイカ体制の言及

【集団指導】より

…有能なカリスマ的な指導者が不在となった場合に,複数のサブリーダーが組織の集団指導を継承するような例は,宗教や思想運動上みられるが,この指導原理は共産党による支配体制,とくにソ連の歴史過程で確立された。レーニン死後のスターリン,ジノビエフ,カーメネフらによるトロイカ体制もその一例であるが,とくにスターリンの個人崇拝を経験したのち,個人による恣意的支配を防止し,統治の制度的安定をはかる目的で集団指導を強調した。マレンコフ,フルシチョフらによる集団指導体制や,フルシチョフ失脚後行われたブレジネフ,コスイギンらによる党と政府の分掌はその例である。…

※「トロイカ体制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トロイカ体制の関連キーワードトロイカ方式ペレストロイカ駟馬ソビエトロシアトロイカ二頭立てロシア社会民主労働党オルロフ・トロッター種 (Orlov Trotter)ビアトカ種 (Vyatka)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トロイカ体制の関連情報