コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロゴンテリゾウ Mammuthus trogontherii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロゴンテリゾウ
Mammuthus trogontherii

長鼻目ゾウ科最大の化石種。大型で肩までの高さ 4.5mに及ぶ。牙が大きく湾曲しているのが特徴で,長さは 5mに達した。寒冷な気候でのステップに適応し,ステップマンモスとも呼ばれる。ヨーロッパの第四紀更新世前期から中期に生息。真正マンモスの祖とされる Archidiskodon(アーキディスコドン)と Mammuthus primigenius の中間にあるので,パレレファス Parelephas とも呼ばれた。日本,中国東北部,南サハリンに,類似種の化石が発見されアルメニアゾウ M.armeniacus と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トロゴンテリゾウの関連キーワードマンモスゾウ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android