コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロンボーン[trombone / trom / trb / tb] トロンボーン

1件 の用語解説(トロンボーン[trombone / trom / trb / tb]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

トロンボーン[trombone / trom / trb / tb]

二重管のスライド方式で管の長さを変える金管楽器。スライドをもっとも短くした状態の音程がBbなので移調楽器に感じるが、実音のまま記譜するので実音楽器である。このタイプを正確にはテナートロンボーンという。トランペットの1オクターブ下に位置する音域を担当する。低音楽器なので低音部譜表に記譜する。高域での無理なフレーズを除き、音域はたいへん幅広く、輪郭のはっきりした美しい音色を持つ。ただし低域ではスライド方式の関係でこまかい動きが困難なことがある。またスライドを利用してのポルタメント(無段階グリッサンド)もトロンボーン特有のワザだ。スライド方式の他に、迂回管がセットされているバス・トロンボーン(bass trombone)、管の長さをスライドでなく迂回管を利用してピストンバルブで操作するバルブ・トロンボーン(valbe trombone)、テナーのスライド・トロンボーンとバルブ・トロンボーンを一体にしたスーパーボーン(superbone)などのバリエーションがある。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トロンボーン[trombone / trom / trb / tb]の関連キーワード管楽器トロンボーン河岸を変える目先を変える目の色を変える宗旨を変えるスライドキャリアファンニングの式ポアズイユの式ポアズイユの流れ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone