コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポルタメント portamento

翻訳|portamento

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポルタメント
portamento

音楽用語。イタリア語で「運ぶ」の意。あるから次の音へと継続的に滑るようになめらかに音を運ぶことによって得られる演奏上の効果をいう。人声擦弦楽器に最も多く使用される。またトロンボーンでもこれと同様の効果が得られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ポルタメント(〈イタリア〉portamento)

声楽や弦鳴楽器演奏などで、ある音から次の音への移行を、途中にある音を経過させながら滑らかに行う技法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ポルタメント

音楽用語。一つの音から別の音への移行を,音をすべらせなめらかに行うことをいう。声楽をはじめ,バイオリンなどの擦弦(さつげん)楽器,トロンボーンでも用いられる。指示によらず演奏者の判断で行われることが多い。
→関連項目エルマンオンド・マルトノスチール・ギター篳篥

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポルタメント【portamento[イタリア]】

音楽用語の一つ。〈運ぶ〉という意味に由来し,音の高さを移す際に,漸次的になめらかにしかも速やかに演奏する方法。普通,この使用は作曲者の指示ではなく,演奏者の音楽的判断に任せられている。元来声楽で始められたこの技法は,しだいにバイオリンやトロンボーンでも使われるようになり,とくに19世紀のバイオリン奏法では常套手段となった。また,類似した技法は邦楽でも用いられており,とくに清元唱法尺八や地唄の三味線の奏法では好まれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ポルタメント【portamento】

ある音から他の音に移る際、音高を連続的にずらしながら移行する奏法。また、唱法。 → グリッサンド

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポルタメント
ぽるためんと
portamentoイタリア語
Portamentoドイツ語

西洋音楽の演奏技法の一つ。一つの音から他の音へ滑らせながらすばやく移動する奏法のこと。移動はたいへんなめらかで漸次的であり、中間の音高を確認することはできない。そのため、ポルタメントは擦弦(さつげん)楽器や人声、トロンボーンのような楽器にしか用いられない。ピアノやハープあるいはトロンボーンを除く管楽器では音階上の移動しかできず、その移行の奏法はグリッサンドとよばれる。ポルタメントには理論上、上行と下行のいずれも可能であるが、実際には上行のほうが多用される。なお、類似した技法は中国や日本の唱法、箏(そう)やシタールなどの撥弦(はつげん)楽器、尺八などの気鳴楽器など東洋に広くみられる。[黒坂俊昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ポルタメントの関連キーワードトロンボーン[trombone / trom / trb / tb]ハーモニカ [harmonica]ティンパニー[timpani]スライド・ギターグリッサンドカルーソー音楽用語狂言小歌チェロ発声スリ塩梅

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android