コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロンボーン トロンボーン trombone

翻訳|trombone

6件 の用語解説(トロンボーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロンボーン
トロンボーン
trombone

楽器の一種。U字形のスライドを操作して数々の音高を得る低音用金管楽器。本来は,高音用も含まれていたが,今日では変ロのテノールとバスが一般化している。 15世紀に,大型のトランペットにスライドをつけたものが前身とされていて,イギリスではサックバットと呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トロンボーン(trombone)

管楽器の一。カップ状の吹き口をもち、U字形の管を2本組み合わせ、一方の管をスライドさせて音高を変える。バルブによって管の長さを調節するものもある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トロンボーン

金管楽器の一種。スライド管を第1〜7ポジションに伸縮させて管長を変え各音を得る。変ロ管のテノール・トロンボーン,ト管またはヘ管のバス・トロンボーン,バルブ1個を使用して両者を兼ねるテノール・バス・トロンボーンの3種が一般的。
→関連項目管楽器管弦楽

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トロンボーン【trombone】

金管楽器の一種。その名からも推察される通り,大型のトロンバ(トランペットの別名)として成立し,15世紀以来の歴史がある。管形は円筒管部分が優勢,歌口(マウスピース)の内面は盃形。音に張りがあって力強い。管の途中に設けたU字状折返しをスライドに作ってあり,把手を押し引きすると管が伸縮する。管長を随時・自在に変えられることは,音程を自由に作れることである。スライド操作の面で運動性の制約はあるものの,他の金管楽器には求められない手加減の融通もきく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

トロンボーン【trombone】

金管楽器の一。長い U 字形の管を組み合わせた形で、管の一部をスライドさせて音高を変える(スライド-トロンボーン)。また、バルブ-ピストンをもつバルブ-トロンボーンもある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トロンボーン
とろんぼーん
trombone 英語 フランス語 イタリア語
Posauneドイツ語

リップリード(唇を発音源とする)の気鳴楽器の一つ。西洋音楽のいわゆる金管楽器に属し、トランペットと同様、管は円筒形を基本としている。現在一般に用いられているのは、管の一部をスライドさせることで管長を変え、それによって音高を変えることができるスライド式トロンボーンである。これは構造的には非常に単純で、外見上は長い1本の管を途中で2回折り返した形をしているが、実際には3本の管とそれをつなぐ2本のスライド管からなっている。スライド管のうち、歌口から奏者の前方に出ているものは、演奏中につねに動かして必要な音高を得るために用いられ、前方から折り返してきて奏者の肩の後方に位置するものは、楽器自体のピッチを微調整するために用いられる。実際の発音は、スライドをいちばん手前に引いた位置(第一ポジション)からスライドを伸ばして、順に半音ずつ低い第七ポジションまでの音を唇の調節による倍音の選択と組み合わせてなされる。このスライド管がトロンボーンの大きな特色で、これによってポルタメントなど他のいわゆる金管楽器には困難な演奏が可能となる。今日もっとも使用されるスライド式はテノール(B♭管)のタイプで、テノール・バス(通常B♭管、弁の操作でF管に切り替え可能)がこれに次ぐ。このほかにもソプラノ(B ♭管)、アルト(E ♭管)などがある。
 このスライド式のほか、トランペットのようにバルブ・ピストンを用いたバルブ・トロンボーンとよばれるものもある。19世紀後半にはドイツ、イタリアなどでよく用いられたが、音質があまりよくないため、今日ではほとんど用いられない。[卜田隆嗣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トロンボーンの関連キーワード管弦楽気鳴楽器金管楽器チューバビューグル莫目木管楽器管楽金管サキソホン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トロンボーンの関連情報