コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンコナン Tonkonan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンコナン
Tonkonan

インドネシアのスラウェシ島,内陸山間部に居住するサダン・トラジャ族の伝統的家屋。棟が両端でそり,妻側が長く張出した鞍型の屋根を特徴とする。棟持ち柱には水牛の角が飾られ,その数によって家の格式が示される。トンコナン5~10棟で一つの集落をなす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のトンコナンの言及

【トラジャ族】より

… トラジャ族の家屋建築は華麗なことでよく知られる。トンコナンと呼ばれるその家屋は,高床式で4本の柱と前後2本の補助柱によって支えられる。床は板や竹で張られ,壁は籐(とう)などで編まれ,釘は1本も使われない。…

※「トンコナン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トンコナンの関連キーワードインドネシアケテケス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トンコナンの関連情報