コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トン・タット・トゥエット Ton That Thuyet

世界大百科事典 第2版の解説

トン・タット・トゥエット【Ton That Thuyet】

19世紀後半,ベトナムの反仏抵抗派の政治家。生没年不詳。ベトナム王室グエン(阮)氏の一族に生まれ,1880年代に吏部尚書,兵部尚書としてフエ王廷の実権を握った。1883年,トゥドゥック(嗣徳)帝の死に際して,皇長子を廃してヒエップホア(協和),キエンフック(建福),ハムギ(咸宜)の諸帝を次々に擁立した。85年,前年のフエ条約に基づき,フランス軍司令官ド・クールシーがフエに到着するや,ハムギ帝を擁してこれを攻撃し,さらに帝とともに中部山岳地帯に避難して天下に勤王の詔を宣布,バンタン(文紳)層の決起を呼びかけた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のトン・タット・トゥエットの言及

【ベトナム】より

…そして1887年にはカンボジア保護国を加えてフランス領インドシナ連邦が成立した。
[フランス植民地時代]
 フランスの侵略に抗して,1885年ハムギ(咸宜)帝はトン・タット・トゥエット(尊室説)らと山地にこもってバンタンの蜂起を呼びかけ,北部・中部一帯に農民蜂起が広がった。これに対し,植民地総督のベールラヌッサンらは村落の自律性とバンタンの権力を認める協同政策を推進し,このためデ・タムらを除いて,ソンコイ・デルタの反乱は終息するが,村落の封建的構造は固定化された。…

※「トン・タット・トゥエット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android