コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

協和 きょうわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

協和
きょうわ

秋田県中部,大仙市北西部の旧町域。秋田平野の南東部にある。 1955年荒川村,峰吉川村,淀川村,船岡村の4村が合体して協和村となり,1969年町制。 2005年大曲市,神岡町,西仙北町,中仙町,南外村,仙北町,太田町と合体して大仙市となった。東部は出羽山地に属し,ほとんどが林野で占められる。南部の雄物川の支流,淀川の河谷に耕地が開発され,水田を主に畑作も行なわれる。木材の生産も盛ん。境 (さかい) にある唐松神社は,子授けの神として有名。

協和
きょうわ

茨城県西部,筑西市北東部の旧町域。栃木県境の台地にある。 1954年小栗村,新治村,古里村の3村が合体して協和村となり,1964年町制。 2005年下館市,関城町,明野町と合体して筑西市となった。スイカ,トマト,キュウリ,イチゴなどの施設栽培が行なわれる。新治郡衙跡新治廃寺跡はともに国の史跡。

協和
きょうわ

広島県南東部,府中市北部の地区。旧村名。 1975年府中市に編入。芦田川の支流阿字川が刻む谷間にあり,米のほか,コンニャクイモやタバコを栽培。府中・福山両市へ通勤する兼業農家が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょう‐わ〔ケフ‐〕【協和】

[名](スル)
心を合わせ仲よくすること。
「上下―して相仮借し」〈逍遥・内地雑居未来之夢〉
同時に鳴らした二つ以上の音が、よく調和して響くこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

協和

正式社名「株式会社協和」。英文社名「KYOWA Co., Ltd.」。製造業。昭和24年(1949)創業。同25年(1950)設立。本社は東京都豊島区東池袋。総合部品メーカー。金型設計からアルミ鋳造・プラスチック成形・めっき処理まで一貫生産体制。デジタル家電・携帯電話・自動車部品などを手がける。国内のほかシンガポール・マレーシア・中国・タイに生産拠点を展開。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

協和の関連キーワード協和和音[consonant chord]フェスティンガーの認知的不協和理論不協和音 [dissonance]きのこの里あいべつオートキャンプ場協和音[consonance]キリンホールディングス(株)ジョージ イジャートン不協和解消型購買行動協和発酵キリン(株)協和テクノロジィズフェスティンガーあさひ銀行[株]協和(秋田県)協和発酵キリン埼玉銀行[株]秋田県大仙市認知的不協和協和化学工業小田切 武林ディスコード

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

協和の関連情報