コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

協和 きょうわ

7件 の用語解説(協和の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

協和
きょうわ

秋田県中部,大仙市北西部の旧町域。秋田平野の南東部にある。 1955年荒川村,峰吉川村,淀川村,船岡村の4村が合体して協和村となり,1969年町制。 2005年大曲市,神岡町,西仙北町,中仙町,南外村,仙北町,太田町と合体して大仙市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

協和
きょうわ

茨城県西部,筑西市北東部の旧町域。栃木県境の台地にある。 1954年小栗村,新治村,古里村の3村が合体して協和村となり,1964年町制。 2005年下館市,関城町,明野町と合体して筑西市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

協和
きょうわ

広島県南東部,府中市北部の地区。旧村名。 1975年府中市に編入。芦田川の支流阿字川が刻む谷間にあり,米のほか,コンニャクイモやタバコを栽培。府中・福山両市へ通勤する兼業農家が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょう‐わ〔ケフ‐〕【協和】

[名](スル)
心を合わせ仲よくすること。
「上下―して相仮借し」〈逍遥内地雑居未来之夢〉
同時に鳴らした二つ以上の音が、よく調和して響くこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

協和

秋田県大仙市にある道の駅。国道46号に沿う。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

協和

正式社名「株式会社協和」。英文社名「KYOWA Co., Ltd.」。製造業。昭和24年(1949)創業。同25年(1950)設立。本社は東京都豊島区東池袋。総合部品メーカー。金型設計からアルミ鋳造・プラスチック成形めっき処理まで一貫生産体制デジタル家電携帯電話自動車部品などを手がける。国内のほかシンガポールマレーシア・中国・タイに生産拠点を展開。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

協和の関連キーワード象印マホービン協和エクシオ協和コンサルタンツ協和日成キョーワナスタケーエスケーしんわナノテストエトー協和テクノロジィズ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

協和の関連情報